口周りをキレイに整える【白く美しい歯を維持する】

治療する

病院

ホウイトニング治療の前に

知覚過敏に虫歯、歯周病やその他の理由で、ホワイニングの治療ができない場合があります。虫歯や歯周病は、症状を悪化させる可能性がありますので、その治療を終えてからの、ホワイトニング治療となります。 入れ歯や差し歯など、金属やプラスチックなどの人口歯は、白くなりません。また、治療中は、知覚過敏などが起きることがありますが、それは薬剤が、歯の象牙質やエナメル質などからしみる可能性が、あるからなのです。ただし、その場合の知覚過敏は一過性のもので、ホワイトニングが終了すれば治まるといわれています。 妊娠中の方は、薬剤を使用する治療の場合、安全性の面からホワイトニングは、しないほうがよいとされています。 ホワイトニングの効果には、個人差がありますので治療前のカウンセリングなどで、歯科医と相談しておくことが重要です。

ホワイトニングの価格について

ホワイトニングは、1回の効果が高いほど料金は上がっていく傾向にある、といわれています。逆に、ホワイトニング効果が現れるまでに時間がかかるものは、安い傾向にあるといわれています。 料金については、ホワイトニングは治療の種類がたくさんありますので、一概には言えませんが、おおよその相場は次の通りです。 最初に、歯科医院で行うオフィスホワイトニングの料金ですが、1回の料金が歯1本で数千円から1万円ぐらいだといわれています。前歯上下12本をホワイトニングすると、合計で2万円から10万円ぐらいになります。 次に、自宅で行うホームホワイトニングの料金は、1万円から5万円ぐらいです。 最後に、歯科医院でのオフィスホワイトニングと自宅でのホームホワイトニングを併用して行う、ディアルホワイトニングの料金です。こちらの料金は、5万円から10万円ぐらいだといわれています。 どの治療法も、治療前に歯科医と治療内容と費用について確認しておくことが必要です。